読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

l_n_m’s diary

よわい電気系の日記(本当にただの日記)

湊くんに見る人付き合い

オトメ*ドメイン

ぱれっとQUALIAより、今年の6月に発売されたゲーム。
主人公飛鳥湊は男の子。ある日唯一の肉親だった祖母が亡くなり独り身となってしまうも、お嬢様に誘われ女子高に転入……!?
といった感じのゲームです。有名ですし、誰もが知ってますよね(?)

湊くんの周りの人達

お嬢様学校、さぞ気品ある「お嬢様」がいるのかと思いきや、実際にはどこか抜けたダメダメな人ばかり(語弊あり)。
自分の身の回りのこともできないお嬢様や厨二病をこじらせた後輩ちゃん、面倒な人がいっぱいです。
そんな中、常識人である湊くんはどんな対応をするのでしょう。

VS 厨二病

いちいち訳のわからない言い回しをする後輩ちゃん。
基本的に優しく接してあげますが、どうでもいいところでボケられたときには素で返します。
怒るわけでもなく、淡々と笑顔で「○○でいいですか?」とか。
残念な感じのボケをかまされたときにはただただ呆れます。

VS だらしないお嬢様

基本的な身の回りのことができない変態お嬢様。
湊くんの目の前だというのに恥ずかしげもなくお着替えするわ、あんなことまでするわ。
男の子的には役得でドキドキしてしまうところですが、湊くんは理性が強く、やらしいことを考えずに冷静に突っ込みします。それでもときどきは自分のそういう面を突っ込みの中でチラつかせたりしていますが。
ここでポイントなのは「冷淡」ではないところでしょう。笑顔で爽やかに言い切るものの、突っぱねる言い方は決してしていません。

VS メシマズ

いや、マズいで済めばいいんだけど。
料理がド下手にも関わらず料理をしたがる、しかも善意で手伝ってくれようとする。そんな残念お嬢様に対しては遠慮なく厚意を突っぱねます。
これなかなかできなくない?
えーと気持ちはありがたいですけどうーん、みたいに誤魔化してしまう人が多いのでは。湊くんは明確に拒否します。理由をボカすこともなく、料理させると大変なことになるから、と。
自分が譲りたくない部分は一切妥協せず、近寄らせることもしない。迷うこともありません。

というわけで

素直に自分の気持ちをぶつけるって大事ですよね。
最近Twitterでは「社会性フィルター」とか言って任意の言葉を「にゃーん」に変換させるのがちらほら見受けられますが、それが人とのコミュニケーションを円滑にするのかというとまた微妙な話で。
厚意を断ること、面倒くさい絡みをされたときに素直にめんどくさいと思っていることを示すこと、そのあたりは「あぁ、そうしてもべつにいいのか」というか、発見でした。
そういうあっさりとした距離感がいいのかなぁ、なんて。
ま、我慢して付き合うなんて長続きするわけないですしね?
自分に素直に、思ったことは(多少抑えつつ)素直に言っていこうと思います。
さー、オトメ*ドメインもまだ始めたばっかり。ひとつひとつの章が短めで読みやすいのでいいですね。やってくぞー