読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

l_n_m’s diary

よわい電気系の日記(本当にただの日記)

Ar Nosurge クリア

アルノサージュ!

とりあえずクリアです! いくつか埋め損なったものがあるので途中のセーブデータから再クリアしたり、別エンドを見たりする必要はあるのですが、とりあえず1回クリアということで。
いや、ホントはちょうど一週間前には終わっていたんですが、ブログに書くのを後回しにしていた結果今まで書かずにいたわけで……

クリア

レベルMAX
お金 いっぱい
トークマター カノン3つ取り逃し それ以外コンプ
コスモスフィア 名前違うけど コンプ
図鑑 アイテム等は埋まってる
85h

残り回収

エンディング(NOT リインカーネーションx2、シュレリア)
トークマター3つ
詩魔法(白鷹の真面目な方のやつ)取得したものの使わずにクリアしたのでムービーが登録されておらず
調合いくつか

感想

ウルゥリィヤちゃん可愛い

可愛い!!!!!!!!!!!!!!!!!
にゃ、ってなんですかにゃって! もうね、五右衛門風呂行って出くわしたとき鼻血出るかと思ったよ!!
いちいち可愛いし服も可愛いし仕草も可愛いし白鷹の精神世界でも可愛いしもう(
……マジで続編なりサイドストーリーなり出てくれませんかね?
可愛さについてもっと語りたいけどこの辺で〆。夢の中に出てきてくれないかなぁ……

人の醜さ

シェルノサージュからそうでしたが、アルトネリコの系譜ということで人の姿をまざまざと描いていますね。
人は助け合いと言いながらも他人を信じきるなんてなかなかできなくて、そのせいで自滅したり仲間割れしたりと大変です。そんなシーンが何度あったことか。
ネイが協力を仰いで反発されるシーンは腹が立つと同時に「そらそうよね」と落胆する気持ちもありましたし。もっとも、ネイが疾風のおネイとか言っていろいろ活動していたおかげで信頼を勝ち取ることに成功したので、そこは万事休す、もといネイ様様。
ネイにカノンのようなカリスマ性は無くとも、有り余る行動力で民の信頼を勝ち取ったのは流石です。

人とシャール

人は自分と違うものを恐れ、排除しようとするものです。シャール(ジェノム)もそうですし、こちらの世界でも人間同士で争う始末ですから……
その融和というのは非常にセンシティブ……というのでしょうか? 触れにくい部分であると共に重要なテーマだと思います。
黒幕がいろいろやっていたんですけどね。
現実にそんな黒幕がいるわけではないのがまた問題をややこしくするものです。

アルトネリコ

後半、突然大量のネタがぶっこまれましたね。
アルシエルに行ったときは胸が熱くなりました。初代アルトネリコを実際にやったことはありませんが、トウコウスフィアやらラノベやら4コマやらで概要は知っていたので。今度実際にプレイしたい。
シュレリア様! シュレリア様じゃないか! きゅっきゅっ! って言って!! って盛り上がってました。

調合

良かった! というかひとつひとつイベントがあって楽しかった!
贅沢を言うなら、イベントがフェーズの頭でだいたい一気に出来てしまうので、フェーズ後半での楽しみが少ないというのを何とかして欲しかった。
後半にならないと手に入らないアイテム、とか設定出来たら良かったのに。

ラスボス、硬いだけでしたね……ちなみに裏ボスこと母胎想観は倒しました。仕様を理解していなかったので99999ダメージx11+一戦にて。
序盤のステージでも、後のフェーズで入ると敵が変わっていたりして大変でした。簡単に倒せるようになっている、と思ったら普通に戦わないといけないので、ちょっと面倒だったり。特にネイとお風呂に入りたいときとか。
そのせいもあって、自分のレベルをあまり実感出来ないままでした。
アイテムによる強化がすごく強かったので、レベルはそこまで重要ではないといえばそのとおり。レベル上げしてもそんなに強くなるわけではなかったというのは、レベル崩壊しないいい仕様だったのでは。
ステージの雑魚の仕様も面白かった。アルトネリコシリーズは2しかやったことが無いのですが、アルトネリコ2の敵ゲージをちょっと変えて持ってきた感じでしたね。
アルトネリコ2のバトルシステムは最高なので、いろいろそれに近い仕様だったのは感動しました。ガードがあれだったのはちょっと残念。悪くはないですけどね。やっぱりアルトネリコ2のあのガードは楽しかったので。
戦闘中のコマンドもアルトネリコ2みたいな。パワーアップの使用回数を増やして使っていたら、クッソ強くて楽しかった。デルタがオラついているだけで(○>△)敵が吹き飛んでいきました。
ところで、アーシェスのクイック、たぶんバグってますよね。クイック発動中にL+△やるとダメージ判定がされなかったりします。他の攻撃でもたまに。アプデされないでしょうけど。
詩魔法で敵をまとめて殲滅するのも気持ちいい。好きなシステムでした。
敢えて言えば、敵の種類がちょっと少ないのと、敵をBREAKしたときにターンが終わってしまうのは不満です。BREAKする順番を考えるのも楽しかったと言えばそうなんですが……

インターディメンド

自分が世界に干渉する、その感覚を味わわせてくれました。素晴らしいの一言。
デルタに抗われたときには頭を抱えましたが。キャスと私が会話するシーンはガチで泣きましたよ。あれはね……
色んな人達とお風呂に入れたのも良かったな~なんて。イオンに怒られそう。
ネイとかサーリとかカノンとかネロとかシュレリアとか、幸せかよ。
「自分」が一緒に冒険するっていうのはなんというか、良かったです。最近は主人公とも距離を取るようになってしまったので、没入感が減っていたんですよね……カウンセリングでも受けたいくらいだよ、ホントに。
プリムが一番の犠牲者な感じはあるのですが、うーん、もやもや。

新しい世界

ひとつひとつのシーンについて語れば長いですが、最後に創った惑星について。
戦闘中に惑星が創られていく様は感動でした。アツい。
そこでのみんなの暮らしについては、リインカーネーション成功の2種類しか知りません。
ですが、どちらもハッピーエンドなのかなとは思います。自分の世界に帰ることは絶対に幸せではあるのだけれど、ラシェーラの世界で育んだ友情や絆もまた本物。無事に帰れることを祈りもしますし、ラシェーラでみんなと幸せに、それこそエンディングムービーのように暮らしているのを良かったなとも思いました。

全体を通して

良いゲームでした!!! 学ぶことも多かったし、感動も大きかった。バトル調合その他のシステムも良かったし、個人的には移動中の会話も未来的な感じ&リアルに一緒に歩いている感が感じられて良かった。
シェルノサージュをやってからやるべき、と密林のレビューにあったので本当にその通りにしましたが、そうして良かったと思っています。イオンとの絆もありましたしね。
点数をつけるとか順位をつけるとかはあまり好きではないのでしませんが、この作品には「とても良い」の絶対評価が出来ます。勿論ほかの人全員がそう思うわけではないでしょうが、だからといって自分の評価が変わるわけではありません。胸を張って主張します。
音ゲーやめてこういうゲームやりたい、と素直に感じました。
ありがとうガストスタッフ。並びに製作陣の皆様。

2週目?

ちょっと話が重いのですぐにやる気にはなれないのですが……院試とか中間報告とか終わった頃にまたコンプも含めてやろうかしら。コンプだけならすぐやってもいいんですが、1回クリアした後だといろいろ見え方も変わりそうですし。
昔はラノベも3週くらい読んでたのに、今では1回しか読んでいない……ちょっと悲しいですね。
すごく思い出になりました。本当にありがとう。また会いたいな。